EAについての情報

FXの自動売買やEAの利用者率はなんと80%以上!?その真相や理由について解説

2022年2月26日

突然ですが皆さんは、自動売買やEAなどのシステムトレードを使用して、FXや仮想通貨などのトレードを行っている方がどれくらいの割合で存在しているのかご存知でしょうか?

実は2021年の総トレード数の中で、システムトレードを用いたトレード数がなんと80%以上だと言う事です。

本当に80%以上も自動売買やEAが使用されているのか?

どうしてそこまでシステムトレードの割合が増えたのか?

それぞれについて詳しく説明したいと思います。

自動売買やEAの利用者数が80%以上!?

 

2021年におけるFXや仮想通貨の総トレード数の内、自動売買やEAなどのシステムトレード使用率は何と約85%(84.5%)にも登ると言う事です。

このことは世界大手のFXニュースを配信しているFinance Magnatesの記事にも記されており(リンク先は英文です)信ぴょう性の高いデータとなっています。

ただし純粋に自動売買やEAのみを使用している方が80%以上居ると言う事ではなく、裁量トレードと併用していたり、FX会社独自が提供しているシステムトレード、MAMなどのコピートレードなども含まれています。

それでも逆に言いますと、2021年に裁量トレードのみで取引していたトレーダーは世界中で僅か15%ほどしか存在しておらず、ほとんどのトレーダーは何かしらのシステムトレードを利用していたことになります。

システムトレード利用者が増加した理由

自動売買やEAなどのシステムトレード利用者が増加した要因の1つとして、システムロジックの向上とシステムの複雑化が挙げられます。

システムトレードの歴史は実は古く、1990年代には存在していたとも言われています(一説には1980年代にも存在か)

しかし当時のシステムトレードの成績はあまりよく無く、意図しないレートでエントリーや決済するなどシステム面も粗悪なものばかりでした。

それでも2000年代初頭には、それなりに利益を上げられる自動売買も登場し、利用者もだんだん増えていました。

そのように失敗と成功を繰り返しながら「悪いものは切り捨て、良いものは採用する」中で、さらにシステム面は複雑化しながらもどんどん良化していき、現在のように「損失は最小限に利益は最大化」を行える自動売買やEAが誕生しているのです。

その結果、「難しい裁量トレードを覚えるよりも、自動化に任せた方が良いのでは?」と言う意見が多くなり、自動売買やEAなどのシステムトレーダーを増やし続けています。

特に昨今では、某ウィルスの蔓延により本業の収入が少なくなってしまった方が、副業を新たに始める際に「FXの自動売買は難しい知識も必要しないので簡単に始められる」と言った意見から、2021年のシステムトレード利用者は過去最大の割合まで増えたと言う訳です。

80%以上も利用している実感が無い?

データ上では80%以上のトレーダーがシステムトレードを利用しているとの事ですが、実際に日本人トレーダーに伺ってみると「周りの人で自動売買を使用している人を聞いた事が無い」と回答される方も多いのではないでしょうか?

システムトレードを利用している人が少ないと回答した理由には、日本独自の文化など様々な要点が絡んでいます。

日本ではEAに対する信頼度が低い

自動売買では一生稼ぎ続けることは出来ない

EAは必ず損をしてしまう

このような事を聞いた事が無いでしょうか?

実は日本では諸外国に比べ、自動売買やEAに対する信頼度が低く、システムトレードに否定的な意見が圧倒的に多いのです。

信頼度が低いとされる理由には「自動売買では稼ぎ続けられない」「EAを使っても損をするだけ」「裁量トレードに比べて利益が低すぎる」と言った事が挙げられます。

実際に1つのEAでは一生稼ぎ続ける事は出来ません。

自動売買やEAには売買手法と言われているロジックが存在しますが、ロジックが現在の相場に適用できなかったり、完全に旬を過ぎて寿命を迎えてしまうからです。

さらには、含み損を抱えすぎてロスカットされてしまったり、含み損や損失額の割に少額しか稼げないと言った事が、自動売買やEAの評価を落としてしまっていると言えるでしょう。

特に日本では裁量トレードに対する依存性が高く、相対的にシステムトレードの評価を落としてしまっているとも言い換えられますね。

日本では詐欺案件も非常に多い

日本では諸外国に比べてシステムトレードに関する詐欺案件が非常に多く見受けられます。

実際に2021年には、非常に好調で評判の良かったMAM(コピートレードの一種)の1つが、トレーダーの口座を意図的に破綻させて資金を持ち逃げすると言う事件も起きています。

こちらを参考に
有名なMAM「ギアシステム」が一晩で資金が溶けた!投資詐欺被害者も多数報告!!

2021年11月5日金曜日の夜、まさかのニュースが飛び込んできました。 MAMと言うコピートレードで有名な「ギアシステム」が一晩で資金が底をつき破綻してしまったと言う情報です。 今まで順調に利益を得て ...

海外にもシステムトレードに関する詐欺はもちろん存在しますが、日本ではその割合が諸外国に比べて多いと言うのが実情です。

投資に関する詐欺が多い=自動売買などの不明点が多いものは使うべきじゃない、という点が日本人のシステムトレード利用者数が増えない要因にもなっています。

海外では情報共有が進んでいる

海外では自動売買やEAなどのシステムトレードに対する情報共有が日本に比べ進んでおり、システムトレード人口の増加にもつながっているのです。

そのため、詐欺の疑いがあるシステムの情報はすぐに共有され、利用しないように呼び掛けたり、自動売買やEAに組み込むプログラムに対しても良いシステムになるように様々な議論が交わされています(プログラムに関する議論についてはMQL5を参照)

さらに海外では優秀なEAが作成されると利用者を募ったりなど「良いものはみんなでシェアしよう」という考えが非常に強くあります。

日本では残念ながらどちらかと言うと「詐欺には自分さえ引っかからなければいい」「詐欺に引っかかる方が悪い」「優秀なシステムは自分だけ使えればいい」と言う考えが根強く、日本国内でシステムトレードがなかなか普及されない大きな原因にもなっています。

自動売買やEA利用者は80%以上!?まとめ

2021年の自動売買やEAなどのシステムトレード利用者は過去最大にまで増えましたが、日本国内だけだと爆発的に増えたとは言い難いです。

ですが日本国内でも、システムトレードに対する誤解や間違いを指摘する声も大きくなり、自動売買やEAの利用者数も順調に増えてきています。

いずれは日本国内においても諸外国に比べても引けを取らないくらいに、システムトレード利用者は増えると思います。

その時には、今よりもはるかに優秀で裁量トレードと同等程度の自動売買やEAが誕生しているかもしれませんね。

 

その他、気になる事があれば下記のお問い合わせフォームにお気軽に連絡してください。

 

お問合せ



 

 無料EA フォワードテスト公開中!

widget
widget

他の自動売買やEAなどに興味がある方は下のバナーをクリック!

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ

  • この記事を書いた人

EAで不労所得を目指す!

FX投資歴は2022年現在で9年目を迎えました。
5年目を過ぎた頃、EAと言うものに出会ってから
裁量トレード以外を駆使して収益を得る事にも興味が出てきたので それ以降色々調べてます。
皆さんにもEAによる利益で幸運を届けられるよう、日々頑張っています!

-EAについての情報

© 2022 FX自動売買 EAで不労所得を