EAについての情報

XMで複数口座でのEA(自動売買)を運用時は両建てに注意!


XMでは1人で最大8つまで複数の口座を開設することが出来ます。


複数の口座を使用して、それぞれ別々のEAを運用している方も多いのではないでしょうか?

EAを複数の口座に分けて運用している場合は、1つだけ注意しておかなければならない事があります、それは「複数口座を使用しての両建ては禁止行為にあたる」と言う事です。


EAを複数運用していると、意図せず両建てしてしまっている方も結構居ると思います。


別口座でのEAの両建てが本当に禁止行為になるのか?

禁止行為にならず複数のEAを別口座で運用は出来るのか?

など詳しく解説したいと思います。

XM公式サイトはこちら

XMが複数口座を使用しての両建てを禁止している理由

そもそもXMでは何故複数口座を利用しての両建てが禁止されているのか?

それは複数口座を利用してのゼロカットシステムの悪用を阻止するためです。


例えば大きくレートが動く重要指標時などで、Aの口座とBの口座の2つを用意して、それぞれに1万円を入金していたとします。

Aの口座でドル円をロング、Bの口座でドル円をショートと両口座ともレバレッジ限界までロット数をかけてエントリーします。


そして重要指標発表により、ドル円のレートがどんどん上がりAの口座では2万円の利益が出ました。

同じロット数をかけているBの口座は逆に2万円の損失が出てしまいますが、ゼロカットシステムにより入金額の1万円しか損をしなかったのです。

 

両建ての悪用一例

A口座入金額1万円 ドル円をロングでエントリー ⇒ レートが上がり2万円の利益

B口座入金額1万円 ドル円をショートでエントリー ⇒ レートが上がり2万円の損失 ⇒ しかしゼロカットシステムにより入金額の1万円の損失で済む

結果としてトレーダーはA口座の利益2万円B口座の損失1万円1万円の利益を得る事に成功する


複数口座でのゼロカットシステムを悪用したトレードを繰り返されると、XMとしてはゼロカット分を補填しなければならないので損失を出し続けてしまうと言う事になります。


このようにXMでは会社の損失を出してしまわないように、複数口座による両建てを禁止しているのです。

 

複数口座でのEAの両建ては規約違反なのか?

複数口座でのEA両建ては規約違反となるのか?

結果から言いますと、かなりセーフの範囲であるグレーゾーンと言ったところです。


少し分かりにくいと思うので、詳しく説明します。

そもそも両建てが禁止されているのはゼロカットを悪用した行為を防ぐためなので、少ないロット数でコツコツトレードを続けるEAや自動売買は禁止行為にあたりません。


実はXMのサポートですら複数口座による両建ては禁止行為かどうか意見が分かれているのです。


なのでよっぽど特殊な取引を行った場合以外はXMから警告されることはまずありません。

XMの内部ですら意見が分かれているのですから、いきなり口座凍結など厳しい罰則が与えられる事は無いでしょう。

むしろEAや自動売買を複数使用していて、口座凍結などの重い罰則が下れば一気に悪評が広がってしまい、誰もXMを利用しなくなってしまいます。


つまり複数口座でEAや自動売買の両建ては「禁止行為にあたるが悪用しているわけでは無いのでセーフと判断している」が個人的な見解です。

ただし「絶対に規約違反にならない」とも言い切れないので、もしXMのサポートから両建て行為だと判断されて何かしらの警告を受けてしまった場合は、きっちりと事情を話してしっかりと対処しましょう。

 

XMでEA運用時に実際にあった罰則

複数の口座を使用しての両建てとは違いますが、実際にEAを利用していた際にXMから警告を受けてしまった一例を紹介します。

 

レバレッジを引き下げられる!

XMは最大レバレッジ888倍が魅力のFX業者ですが、ある日突然XMからメールが届きレバレッジ引き下げの対象になった事を告げられたそうです。

Subject-to-regulation

メールの内容を確認するとどうやら、多数の口座で同じEAを使用していたため取引数が膨大に増えてしまい、その取引量がXMの許容範囲を大きく越えていたので、取引数を制限するためにレバレッジ引き下げの対象になったとのことです。

XMではEAの仕様自体は許可していますが、過度に売買を繰り返すEAが大量に存在すると、XMのシステムでは追いつけないらしいですね。


規約違反と言う事ではありませんので口座凍結などの罰則とはなりませんが、事実上「そのEAは使用しないでください」と言う事です。

大量にポジションを持っていると決済催促メールが届く!

同じくXMのシステム面の問題ですが、大量のポジションを保有しているとシステムに大きな負荷がかかるので、現在保有しているポジションを決済してくださいと言う内容のメールが届いた事があるそうです。

EAのロジックによっては一度に大きなロット数を持つのではなく、小さなロットを大量に保有し細かく利益を積み重ねる「トラリピ系」と言うものが存在します。


トラリピはナンピンによく似ていますが、決済方法などに若干違いがあり、ナンピンよりもポジション数が多くなる傾向にあります。

小さなロット数のポジションを大量に保有するならまだしも、それなりに大きいロット数を大量のポジションで保有するとシステムに負荷がかかると言うわけです。

なのでXMはポジションを大量に保有する同一のEAに規制をかけ、すぐにポジションを決済してくださいと言うメールを送ったのでしょう。

ちなみにXMでは最大ポジション数は200までと決められていて(最大ロット数は50Lot)、それ以上のポジションは決済するまで保有することが出来ません。

ただし口座凍結までされた前例はない

稼ぎすぎたEAや大量のポジションを保有するEAに規制をかけた事があるのは事実ですが、実際に口座凍結までされた前例はありません。

悪質は規約違反に対しては口座凍結と言う処罰が下されますが、不可抗力のトレード内容に関しては注意やレバレッジの規制で留まっています。


だからと言って複数の口座で両建てをしても全く問題が無いと言うわけではありませんので、EAを複数の口座で運用する場合は出来る限り違う通貨ペアを使用する物を選びましょう。

複数口座でのEA両建てに関する注意点まとめ

EAや自動売買を運用する際は、リスクを分散させたり利益を安定させる意味でもポートフォリオを組んでの運用がオススメです。

こちらを参考に
EAに必須のポートフォリオとは? 複数を同時に稼働させる理由を解説!

無料EAについての詳細はこちらから 「EAで稼ぎ続けるなら、ポートフォリオを組むことが必須」 自動売買やEAに興味があり、実際に現在も稼働している方の中でこのような事を聞いた事が無いでしょうか? 「そ ...

しかし運用方法を間違ってしまうと、意図せず複数口座での両建てになってしまう場合もあります。

いくら口座凍結された前例がないと言っても、知らなかったでは済まされないので、XMには必ず「複数口座間での両建ては禁止」と言う事をちゃんと覚えておきましょう。


ポートフォリオでの運用方法も同じ通貨ペアが両建てにならないか確認する、違う通貨ペアで運用できるEAを探すなどの事前準備は必須と言って良いでしょう。

XMは優秀で使い勝手の良いFX業者なので、口座凍結される恐れのある禁止行為などはせずに、トレーダーとFX業者がお互い良好で長い付き合いになれるようにしましょう。

無料口座開設で3,000円受け取る

 無料EA フォワードテスト公開中!

widget

他の自動売買やEAなどに興味がある方は下のバナーをクリック!

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ

  • この記事を書いた人

EAで不労所得を目指す!

FX投資歴は2021年現在で8年目を迎えました。
5年目を過ぎた頃、EAと言うものに出会ってから
裁量トレード以外を駆使して収益を得る事にも興味が出てきたので それ以降色々調べてます。
皆さんにもEAによる利益で幸運を届けられるよう、日々頑張っています!

-EAについての情報

© 2021 FX自動売買 EAで不労所得を