XMの情報記事

XMの無料VPSを導入方法と条件を画像付きで解説!

2021年3月19日


 XMの口座でEAを運用している方なら無料でVPSを使用できる方法があります。


VPSは継続的に使用していると、諸経費がかなり膨らんでしまうので無料で使えるのは本当にありがたいことですよね。


今回はXMが提供しているVPSを、無料で使用できる条件と導入方法について解説したいと思います。

XMのVPSを無料で使うための条件

XMのVPSを無料で使うためにはいくつか条件があります。


条件は2つと比較的少なく、EAを継続して使用されている方なら条件達成は簡単なので説明したいと思います。

条件その1、口座に5000ドル以上の残高がある

XMの口座に5000ドルの資金が入金されていることが無料でVPSが使える第一条件となります。


口座に5000ドルと言うのはドル円の現在レートで日本円換算が変動がするので、口座に55万円以上ある方が好ましいですね。


複数口座で資金を分けて運用している方は、合計額が5000ドル以上になればVPSを無料で使用できる条件を満たすことが出来るので、1つの口座に5000ドル以上でなくても問題ありません。


もちろん純粋な資産額であって、XMで付与されるボーナス等は省いた金額が必要となります。

条件その2,毎月5ロット以上の取引がある

無料でVPSを使用する条件を満たすには、毎月5ロット(50万通貨)以上の取引が必要となってきます。


5ロット以上の取引とは、売買の往復のことなので保有ポジションが5ロット以上でも条件を満たしたことにはなりません。


必ず決済までの取引数が5ロット以上必要と言う事は覚えておいてください。


ちなみにマイクロ口座でも同じように条件を満たせばVPSを無料で使用できますが、マイクロ口座の場合は500ロット以上の取引が必要なのでお間違いのないように。

条件を満たせない場合は28ドルの支払いが発生する

上記のどちらか片方でも条件が達成できない場合は、毎月1日(土曜日や日曜日が挟む場合は翌日以降)に口座残高から28ドルが引き落とされます。


28ドルも同じように日本円換算となるので、ドル円が円安傾向の場合は3,000円以上の支払いとなってしまうので注意してください。


もし口座残高に28ドル以上の資金が無い場合は、自動的にVPSの契約が解除されデータ内容も消去されてしまいます。


データが消去されてしまうと、VPS内に格納してあるEAや自動売買ソフトまで消去されるので口座残高や無料でVPSを使用できる条件を常に把握しておきましょう。

XMが提供する無料VPSのスペックは?

XMが提供している無料のVPSはBeeks社と言う業者が提供しているVPSです。


簡単にではありますがスペックや機能性などを解説したいと思います。

VPSのスペックはやや低め

Beeks社が提供している無料VPSは、プランの中でも最も低いブロンズプランとなっています。

OSWindows 2012 R2
CPU1コア
メモリ1.3GB
HDD25GB

Beeks社の提供している無料VPSスペック


スペック自体はやや低めとなっていますが、EAの稼働にはまったく影響はないでしょう。


Beeks社の推奨するMT4とEAの稼働数は「9チャート、MT4を3つまで」となっています。


確実に安定した稼働を目指すなら、推奨している数よりも少なくしておけばOKです。

XMサーバーと物理的な距離は近い

FX業者が設置してあるサーバーとVPSの設置しているサーバーの距離が近ければ近いほど通信速度が速くなります。


通信速度が速くなれば約定スピードも速くなり、約定力も向上し安定した売買を続けることが出来ます。


XMのサーバーとBeeks社のサーバーはお互いにイギリスのロンドンにあるので、通信スピードは日本のサーバーで取引するよりも早くなるのは利点とも言えます。


ただ、約定スピードが速いからお得になると言う事は無く、約定スピードが遅くてもトレーダーに有利なスリッページが発生する場合もあるので一概にどちらが良いとは言い難いですね。

問題や疑問点があれば日本語対応OK!

Beeks社とのVPS契約やその他通知メールは全て英語で記載されていますが、Beeks社のサポートセンターは日本語での対応が出来るので、何か問題や疑問点があった場合は日本語のチャットやメールで対応してくれます。


英語が出来なくても全く問題はありませんが、VPS内の検索ページやMT4の言語は全て英語なので要注意です。

XMの無料VPS導入手順

XMが提供している無料VPSは、XMの会員ページから直接申し込むことが出来ます。

XMの会員ページからVPSを申し込む

まずはXMの公式サイトからご自身の会員ページにログイしましょう。


会員ページの上段真ん中付近にある「口座」をクリックし「VPS」をクリックしてVPSのページを開いてください。

VPS-installation-procedure-1

次にMT4のVPSをリクエストするをクリックしてください。

VPS-installation-procedure-2

リクエストが受領されますとBeeks社からメールが届きますので、メールに記載されている案内に従ってください。


メールは通常24時間以内に届きます、早ければ1時間以内で届く場合もありますが、土曜日や日曜日にリクエストされますとメールが届くのが週明けになる場合もあるので、もしメールが届かなくても焦る心配はありません。

VPS-installation-procedure-3

週明けや24時間以上経ってもメールが届かない場合は、Beeks社ではなくXMのサポートセンターへ一度ご連絡ください。

VPSを導入する

Beeks社からメールが届きましたら、いよいよVPSを導入できるので詳しく解説したいと思います。


Beeks社のメールに記載されている「Download RDP File」をクリックしてRDPファイルをダウンロードしてください。

VPS-installation-procedure-9

ダウンロードが出来ますと、リモートデスクトップに接続するショートカットがパソコンのデスクトップ上に表示されます。

VPS-installation-procedure-5

ショートカットのアイコンをダブルクリックして、リモートデスクトップへの接続を開始しましょう。


リモートデスクトップ接続の画面が表示されたら「接続」をクリックしてください。

VPS-installation-procedure-8

BeeksのVPSにログインする

ここからは実際にVPSへログインする手順を紹介します。


入力画面上段のユーザーネームはあらかじめ記載されていますので、下段のパスワードを入力しましょう。

Password-input-screen

パスワードはBeeks社のメールに記載されていますので入力してください。


ただしコピー&ペーストは出来ませんので手入力でお願いします。


入力が終わったら右側にある青い矢印をクリックしてください。

VPS-installation-procedure-4

パスワードに間違いが無ければ新しいパスワード入力を求められます。


新しいパスワードはご自身が覚えられる英字の大文字と小文字と数字の組み合わせで入力してください。


ある程度パスワードの文字数が長くないと受け付けられない場合があるので、できれば8文字以上は入力しましょう。


新しいパスワードが入力できれば、その下段にも同じように新しいパスワードをもう一度入力してください。


パスワードの入力間違いが無いかの確認のためとなっています。


パスワード入力に間違いが無ければ、リモートデスクトップへログインが出来ます。

VPSにMT4を設置する

リモートデスクトップへログインが出来ましたら、MT4をダウンロードしてEAを設置しましょう。


Beeks社のリモートデスクトップには予めXMのMT4インストーラーが設置している場合がありますが、このXMはイギリス版のXMとなっているので、このインストーラーからMT4をインストールすると設定が少々面倒になります。


なのでリモートデスクトップに設置されてある「ファイアーフォックス」等のブラウザからXMを検索してXMの公式サイトへアクセスしてください。

VPS-screen

検索は日本語でないとちゃんとした検索結果が反映されない場合があるので、VPSのリモートデスクトップが日本語表記に変更していない方は先に日本語表記にしましょう。



XMTradingの公式サイトへアクセスが出来ましたら「プラットフォーム」のページからMT4をダウンロードしましょう。

XM-official-website-2

MT4のダウンロードからインストール手順はこちらの記事で説明します。

こちらを参考に
XMのMT4インストールからログイン設定まで画像付きで解説!

MT4とは、FXで取引を行うためのプラットフォームであり、インジケーターやEAなど様々な外部ツールを使用できるのでとても便利なのもです。 今回はXMの公式サイトからMT4をダウンロードし、口座開設した ...


MT4の設置が完了すれば、同じように使用したいEAをMT4内へ設置しましょう。


EAの設置手順はこちらの記事がオススメです。



XMの無料VPS使う方法と条件まとめ

XMが提供しているVPSを無料で使用するには2つの条件があり、5ロットの往復取引はEAさえ運用していれば達成は出来ると思いますが、5000ドル以上の入金は少しハードルが高いかと思われます。


複数の口座を合わせて5000ドル以上でも良いので、無料でVPSを使用するのに条件を達成しやすそうなのが、EAを複数運用している方とも言えます。


または1つのEAに100万円以上での運用をしている方にも無料VPSはオススメです。


少しでもVPSの経費を抑えたい方の中で、50~60万円を入金することができて、頻繁に取引をするEAを運用している方は、XMが提供している無料VPSを検討してみてはいかがでしょうか?


VPSのスペック自体は特別高いものではありませんが、無料で使用できると言うのが一番の強みですね。

無料でVPSを使用する条件

5000ドル以上の入金が出来る方で頻繁に取引をするEAならば検討の余地あり

XMとVPSサーバーの物理的な距離が近いので約定スピードが向上する

VPSに不具合が生じてもBeeks社のサポートセンターは日本語対応OKで安心できる

無料の条件が達成できず口座残高が28ドル以下になるとデータが全て消失するので要注意




その他、気になる事があれば下記のお問い合わせフォームにお気軽に連絡してください。

 

お問合せ

 

 無料EA フォワードテスト公開中!

widget

他の自動売買やEAなどに興味がある方は下のバナーをクリック!

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ

  • この記事を書いた人

EAで不労所得を目指す!

FX投資歴は2021年現在で8年目を迎えました。
5年目を過ぎた頃、EAと言うものに出会ってから
裁量トレード以外を駆使して収益を得る事にも興味が出てきたので それ以降色々調べてます。
皆さんにもEAによる利益で幸運を届けられるよう、日々頑張っています!

-XMの情報記事

© 2021 FX自動売買 EAで不労所得を