EAについての情報

FXの自動売買やEAの手動決済について メリットとデメリットを解説!

自動売買やEAはエントリーから決済まで自動で行ってくれるので、手動で決済する必要はありません。

しかし場合によっては手動で決済した方が良いこともあります。

実際にどのような時に手動で決済すればよいのか、また手動決済による弊害なども含めて詳しく解説します。

 

EAの手動決済によるメリット

まずは手動決済によるメリットを紹介したいと思います。

ただし、EAの種類によっては有効な手段ではない場合もあるのでご注意ください。

 

ロスカットを防ぐことが出来る

大量に売買を繰り返すEAやナンピンマーチンゲールの自動売買の場合、含み損がどんどん膨らんでしまいロスカット水準まで達してしまう事があるかもしれません。

そんなときはEAのロジック決済を待つのではなく、手動でポジションを1つずつ決済すればロスカットを免れることが出来ます。

手動決済による損失は大きいかもしれませんが、証拠金が残っている限り取引を続けることは可能なので、いつか損失分を取り戻すことが出来ます。

ロスカットされてしまい証拠金が全て無くなってしまうと、損失を取り返す機会そのものを失ってしまうので、勇気をもって手動でポジションを決済してしまいましょう。

 

含み益が出てる場合は手動決済もOK

保有しているポジションで含み益が出ている場合は、手動による決済をした方が良いこともあります。

含み益が出ていてもその後の相場情況次第では、EAの決済ロジックにレートが達する前に相場が反転してしまい利益を確保できない事もあるかもしれません。

基本的にエントリーから決済まではEAや自動売買にお任せしてしまった方が利益効率は良くなりますが、EAのロジックだけではうまく決済できない機会も実際によく訪れます。

ある程度裁量で「ここが天井」「ここが底値」と判断できる場合は手動で決済してしまっても問題ありません。

 

重要指標発表前はノーポジションで

アメリカ雇用統計やFOMC金利政策発表などの、為替に影響が大きい重要指標発表前は手動でポジションを決済することをオススメします。

含み益はもちろんのこと、含み損の場合でもポジションを全て決済した方が良いでしょう。

重要指標の発表前はレートがどちらに大きく動くか分かりません、発表内容によってはレートが大きく動き含み損がさらに大きくなってしまう場合もあります。

FXはギャンブルではありませんので、大きな利益を狙うよりは危険を回避する方に重点を置き、レートが大きく動きそうなときは常にノーポジションで切り抜けましょう。

 

EAの手動決済によるデメリット

手動決済にはもちろんデメリットも付きまといます。

むしろデメリットの方が大きいので詳しく解説します。

 

利益効率が悪くなる

手動決済によるデメリットは何と言っても益効率が悪くなるという点です。

含み益が出ている時に手動決済すると、その後レートが思わくの方向にどんどん伸びていき大きな利益を手に入れられたかもしれません。

含み損が多い場合に手動決済すると、その後レートが反転しプラスで乗り切ることが出来たかもしれません。

手動で決済する場合は「含み益が出てるから」「含み損が多いから」と言った人間の感情ではなく、きちんとした理論に基づいた結果「損失を回避するための手動決済」を実行しましょう。

 

EAが不具合を起こす

EAや自動売買のプログラムによっては、EAが持ったポジションを手動決済した場合不具合を起こす可能性もあります。

特にナンピン系のEAの場合、中途半端に「真ん中のポジションだけ決済」など実行してしまうと、EAの決済ロジックに不具合を起こし他のポジションがいつまで経っても自動決済されないことも多くあります。

ナンピン系に限らず比較的ポジションを多く持つEAは「すべてのポジションがロジックにより紐づいている」場合もあるので、1つや2つだけポジションを決済するのは止めておきましょう。

もし手動決済するなら全てのポジションを決済するのが無難です。

 

自動売買やEAに手動決済は必要か?

自動売買やEAの手動決済については様々な意見がありますが、結論から言いますと「手動決済するのは良くない」と言うことです。

自動売買やEAは内蔵されているロジックに従いエントリーから決済まで行ってくれるので、人間が手を加える必要はありません。

特に優秀だと言われているEAは、複雑なロジックにより取引を行っていくことで最も勝率や利益率の良い結果を生み出してくれます。

人間が勝手に手動決済することは、最も勝率や利益率の良いロジックの可能性を使わないと言う事になり、結果的にマイナス収支になってしまう可能性があります。

含み益を抱えても決済しない理由や、大きな含み損を抱えても耐えられる理由は全てEAのロジックに埋まっています。

裁量に自信があり根拠に基づいて手動決済するなら別ですが、人間の「感情」だけで手動決済するのは絶対にやめておきましょう。

 

手動決済によるメリットとデメリットまとめ

自動売買やEAは放置することで利益を上げられるように工夫して作成されているので、無理に手動決済する必要は無いでしょう。

手動決済することにより大きな損失を免れる事もありますが、EAはある程度含み損を抱える事を想定しているので、一度信じて稼働させたなら最後まで手を加えずEAにお任せしてしまいましょう。

ただ手動決済することが必ずしも間違いなどではなく、大切なのは自分が決めたルールに従う事です。

EAを稼働させる前に「この額まで含み損が膨らめば手動決済する」と決めているなら手動決済することは正しいことです。

一番ダメなのは「運用途中で何度もルールを変更する事」とも言えます。

自動売買やEAは全てお任せで取引を行ってくれる非常に便利なものです。

その非常に便利なツールを生かすも殺すも運用する人間次第なので、必ず運用する前に自分なりのルールを決めて上手に利益を積み上げていってください。

 無料EA フォワードテスト公開中!

widget

他の自動売買やEAなどに興味がある方は下のバナーをクリック!

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ

  • この記事を書いた人

EAで不労所得を目指す!

FX投資歴は2021年現在で8年目を迎えました。
5年目を過ぎた頃、EAと言うものに出会ってから
裁量トレード以外を駆使して収益を得る事にも興味が出てきたので それ以降色々調べてます。
皆さんにもEAによる利益で幸運を届けられるよう、日々頑張っています!

-EAについての情報

© 2021 FX自動売買 EAで不労所得を